訪問看護について 医療機関・事務所の皆様へ

訪問看護指示書について

訪問看護を行う場合には、必ず、訪問看護指示書が必要です。主治医(かかりつけ医)が、訪問看護が必要と判断した利用者について、訪問看護指示書が交付されます。訪問看護指示書の交付については、訪問看護師が主治医(かかりつけ医)へ依頼します。

適切な訪問看護を提供するために、定期的に訪問看護計画書と訪問看護報告書を主治医に提出します。

「訪問看護指示書」(介護保険・医療保険共通)

この指示書は、一般的に出される指示書です。医療機関が診療に基づき6ヶ月以内の範囲で交付するものです。

別紙様式16

このページの上部に戻る

「特別訪問看護指示書」(医療保険)

この指示書は、訪問看護指示書が交付されている利用者の急性増悪、終末期、退院直後などで、頻回に訪問看護が必要と判断された場合に交付される指示書です。特別訪問看護指示書のみが交付されることはありません。

指示書の有効期間は、特別の指示に係る診療の日から14日以内で、月に1回交付が可能です。
ただし、次のような場合には、月に2回まで交付が可能です。

  • 気管カニューレを使用している人
  • 真皮を超える褥瘡のある人
    (NAUAP分類Ⅲ度またはⅣ度、またはDESIGN分類D3、D4、D5)

別紙様式18

このページの上部に戻る

「在宅患者訪問点滴注射指示書」(医療保険)

この指示書は、週3日以上の点滴注射が必要と認められる場合(末梢静脈に限る)に交付されるものです。指示の有効期間は、指示日から最長7日までです。

このページの上部に戻る

「利用者のニーズにあった訪問看護ステーションを探している」「専門的な看護ケアを提供できる訪問看護ステーションはどこか?」など、お困りのことがございましたら、お気軽に『訪問看護コールセンターおかやま』をご利用ください。

電話番号:086-238-7577

開設日:火曜日〜金曜日